patmap都市情報 |神戸市(兵庫県)の財政情報:財政力指数,経常収支比率,地方税etc

このページでは兵庫県神戸市[こうべし]の財政データを示す。

神戸市は財政力指数において、0.8(全国ランキング:309位, 兵庫県内ランキング: 11位)、経常収支比率では、99.1[%](全国ランキング:1660位, 兵庫県内ランキング: 39位)、地方自治体の年間人件費(最低値)においては、115,036[百万円](全国ランキング:4位, 兵庫県内ランキング: 1位)となっている。

その他の財政に関するデータはページ内の表を参照すること。また近年の財政力指数など財政関連指標の推移については全国の都市の財政:神戸市(兵庫県)から参照可能であり、 財政情報以外のデータについてはページ最上部または最下部のタブから切り替えることが可能である。


財政(2018)

財政項目 データ 全国ランク 兵庫県内ランク
財政力指数(2018)0.8309位11位
経常収支比率(2018)99.1[%]1660位39位
実質公債費比率(2018)5.7[%]562位13位
将来負担比率(2018)71[%]1403位22位
ラスパイレス指数(2018)100.81564位37位

財政力指数(2018):当該団体の財政力(体力)を示す指数。 指数値が大きい方が優秀。 1.0を上回れば地方交付税交付金の不交付団体となり、 下回れば地方交付税交付金が交付団体となる。 基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た数値の過去 3ヵ年の平均値で示す指数。
経常収支比率[%](2018):財政構造の弾力性を判断する指標。 比率が小さい方が優秀。 「人件/扶助/公債費等の経常経費」割る「地方税・普通交付税等の経常的一般財源」の比率。 端的に言えば人件費等の経常経費比率は75~80%が妥当値のため、 80%以上は人件費等が高すぎるということになる。
実質公債費比率[%](2018):公債費による財政負担の程度を示すもの。 比率が小さい方が優秀。 18%以上だと地方債の発行に国の許可が必要となり、 25%以上となると一般事業等の起債が制限される。
将来負担比率[%](2018):将来負担しなければならない負債(第三セクターや公社の負債も含む)の割合のこと。数字が大きいことは、将来世代の負債が大きいこと(財政が不健全)を示し、数字が小さいことは将来世代の負債が小さいこと(財政が健全)を示す
ラスパイレス指数(2018):地方公務員と国家公務員の平均給与額の差異の目安。国家公務員給与を100として地方公務員の給与の平均を算出

財政関連(2017-2018)

財政関連項目 データ 全国ランク 兵庫県内ランク
歳入決算総額(2017)834,311[百万円]7位1位
歳出決算総額(2017)825,440[百万円]7位1位
地方税(2017)273,490[百万円]8位1位
課税対象所得(2018)2,459,630[(百万円)]10位1位
納税義務者数(2018)672,748[人]8位1位

歳入決算総額[百万円](2017):「地方税」,「地方譲与税」,「地方特例交付金」,「地方交付税」,「国庫支出金」,「地方債」及び「その他」の総額
歳出決算総額[百万円](2017):「教育費」,「民生費」及び「土木費」等行政目的に着目した市町村における「目的別歳出」の額
地方税[百万円](2017):市町村税(ただし,東京都特別区における「地方税」は,地方税法の規定による特別区税である。)
課税対象所得[(百万円)](2018):各年度の個人の市町村民税の所得割の課税対象となった前年の所得金額をいい,地方税法に定める各所得控除を行う前のもの
納税義務者数[人](2018):個人の市町村民税の所得割の納税義務者数

地方公務員(2011)

公務員項目 データ 全国ランク 兵庫県内ランク
全職員数15,6924位1位
全職員の平均年齢44.1[歳]391位8位
月額・給料(全職員平均)34.56[万円]64位1位
月額・扶養手当(全職員平均)1.24[万円]212位4位
月額・地域手当(全職員平均)3.66[万円]80位5位
月額・通勤手当(全職員平均)1.33[万円]4位1位
月額・特殊勤務手当(全職員平均)0.53[万円]419位21位
月額・管理職手当(全職員平均)0.62[万円]870位37位
月額・時間外勤務手当(全職員平均)3.85[万円]250位3位
月額・その他の手当(全職員平均)1.25[万円]305位12位
年額・期末手当(全職員平均)110.89[万円]48位3位
年額・勤勉手当(全職員平均)57.72[万円]15位1位
知事/市区町村長の平均給料月額112.80[万円]34位4位
副知事/副市区町村長の平均給料月額94.35[万円]16位3位
議会議長の平均報酬月額114.00[万円]2位1位
議会副議長の平均報酬月額104.00[万円]2位1位
議会議員の平均報酬月額93.00[万円]2位1位
教育長の給料月額64.76[万円]344位16位
職員の平均年収733.09[万円]14位2位
地方自治体の年間人件費(最低値)11,503,648.28[万円]4位1位
1万人あたりの職員数101.62983位22位
1人あたりの職員の年間人件費負担額7.45[万円]693位14位

全職員数:自治体に属する地方公務員の全職種の職員人数
全職員の平均年齢[歳]:自治体に属する地方公務員の全職種の職員の平均年齢
月額・給料(全職員平均)[万円]:手当等を除く月額基本給料平均額
月額・扶養手当(全職員平均)[万円]:「扶養親族を有する職員に対して支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・地域手当(全職員平均)[万円]:「民間賃金の高い地域に勤務する職員に支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・通勤手当(全職員平均)[万円]:「通勤のために交通機関や自動車等を利用している職員に対して支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・特殊勤務手当(全職員平均)[万円]:「高所作業、死体取扱、放射線取扱、夜間看護などに代表される危険または不健康性の高い勤務を行う職員に対して支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・管理職手当(全職員平均)[万円]:「管理職の職員に支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・時間外勤務手当(全職員平均)[万円]:「正規の勤務時間を超過して勤務した職員に支給される手当」の月額(全職員の平均額)
月額・その他の手当(全職員平均)[万円]:「月単位に支給されるその他の手当」(全職員の平均額)
年額・寒冷地手当(全職員平均)[万円]:「寒冷積雪の度合の厳しい地域に勤務する職員に支給される手当」の年間総額(全職員の平均額)
年額・期末手当(全職員平均)[万円]:「勤勉手当との合計でいわゆる賞与(ボーナス)として職員に支給される手当」の年間総額(全職員の平均額)
年額・勤勉手当(全職員平均)[万円]:「期末手当との合計でいわゆる賞与(ボーナス)として職員に支給される手当」の年間総額(全職員の平均額)
教育長の給料月額[万円]:教育委員会の事務執行責任者であり、地方公務員における特別職に相当する教育長の月額給与
職員の平均年収[万円]:公開されている給与+各手当を加算したもの
地方自治体の年間人件費(最低値)[万円]:職員数×平均年収。実際は退職手当なども加算する必要有り
1万人あたりの職員数:地方自治体における公務員数(実際は国家公務員+都道府県の地方公務員+市区町村の地方公務員となるが、ここでは本自治体のみが対象)
1人あたりの職員の年間人件費負担額[万円]:国民各個人の年間税金の内の職員の年間人件費に支払う必要がある金額の平均(実際は国家公務員+都道府県の地方公務員+市区町村の地方公務員となるが、ここでは本自治体のみが対象)





サイト更新履歴

(詳細はLINK先のブログより)



神戸市の位置を示す地図
地図1 地図2 地図3

他の都市のページを表示

左下のリストボックスから都道府県名を選択後、右下のリストボックスから表示したい都市名を選択できます。


patmap都市情報サイト内検索

隣接都市

兵庫県神戸市と隣接している自治体を示します。ただし陸路で隣接している自治体に限ります。
市町村名をクリックすることで、本サイト内の該当市町村のページへリンクします。


主要な全国ランキング

兵庫県神戸市に関する基本的な主要データ(抜粋)のランキングページへのリンクです。
財政力指数実質公債費比率経常収支比率起債制限比率将来負担率地方税課税対象所得地方公務員職員数地方公務員の平均年収地方自治体の年間人件費1万人あたりの職員数

主要都市限定ランキング

兵庫県神戸市に関する基本的な主要データ(抜粋)のランキングページへのリンクです。こちらは政令指定都、中核市、特例市、県庁所在市、東京23区、またはそれに準ずる都市限定です。
財政力指数実質公債費比率経常収支比率起債制限比率将来負担率地方税課税対象所得地方公務員職員数地方公務員の平均年収地方自治体の年間人件費1万人あたりの職員数

神戸市関連のニュース




patmap市町村情報topページへ戻る
更新履歴および統計データのソースは元データ一覧を参照ください。原則的に2020年8月1日時点の自治体を基準に合併都市間でデータを合算させています。
リンクについてはフリーです。ご自由にどうぞ。